犯罪を未然に防ぐ

防犯カメラ

防犯上の目的から監視カメラを設置することは、犯罪を抑止する点で高い効果があります。ただし、監視カメラにうつるのは犯罪者だけではありませんので、個人のプライバシーの保護との関係で注意しなければなりません。

もっと読む

マンションの防犯

映像

防犯カメラの録画は、内的監視と外的な監視にそれぞれ有効であるが、自分自身も常日頃監視されているという意識と防犯カメラの存在を過信することなく、人同志として挨拶や目くばせが非常に重要なコミュニケーション手段となることを肝に銘じて生活しましょう。

もっと読む

カメラが家を守ります

婦人

最近の家庭用防犯カメラの性能はかなり向上していますし、価格も安くなっています。防犯カメラを設置することで、犯罪者の侵入を抑止する効果が期待できますので、人の目のつきやすいところに設置することが重要です。

もっと読む

侵入を防ぐ鍵

作業者

鍵と防犯対策

住宅において、最も重要な防犯対策となるのが、玄関や窓などにつける鍵である。住居への侵入のうち、鍵開けを行われ侵入されるケースが多くなっており、鍵開けに対して対策を行うことで、不正な侵入を大幅に防ぐことが可能になる。不正な鍵開けを防ぐためには、ピッキングやサムターン回しへの対策が行われた鍵を玄関に設置することがまず必要である。玄関から鍵開けで侵入される場合、ほとんどのケースでピッキングやサムターン回しを行われ侵入されることになる。その為、これらへの対策が行われた鍵を設置することで、十分な防犯対策とできる。空き巣などの侵入者では、侵入に少しでも時間がかかる場合には、諦める傾向があるため、開け辛い鍵の設置が効果的である。

電子鍵や補助鍵の利用

鍵開けによる侵入を防ぐためには、対策がある。有効な対策としてあるのが、電子鍵の設置である。電子鍵は、指紋認証やICカードをかざすことで開錠できるなど従来とはことなる形式の鍵である。電子鍵では、鍵穴が存在しないものが通常である為、工具などによるピッキングを行うことができない。また、指紋認証やICカードについては偽造して開けるということが難しいため、侵入を防ぐためは効果が高い鍵となっている。また、補助鍵の導入も有効である。1つの鍵に加え、もう1つ鍵を設置することで侵入を防ぐ方法になる。鍵が複数設置されていることで、鍵開けに時間を要することになるため、侵入を諦めさせる可能性が高まる。その為、補助鍵も防犯対策としてある。