マンションの防犯|鍵のトラブルは鍵開け業者にお任せ|自宅の防犯対策

マンションの防犯

映像

カメラの設置

内的要因についての防犯カメラの録画は、色々ありますが、居住者間のルールやマナーの違反監視やモニターがあげられます。例えば、郵便ポスト荒らし対策・エレベーターカゴ内監視・ゴミ捨て場監視・駐輪場や駐車場の監視等をすべて防犯カメラで録画することになります。録画したデータは、プライバシー確保の観点からマンション管理組合の管理規則などで閲覧ルールが制定されます。録画データは、ある一定の時間が経過すれば自動消去されます。その際に事件性や問題が発覚した時に、所定の規則に基づいて閲覧許可が承諾され、閲覧可能となるでしょう。なかなか同じマンションの居住者同志の監視ということで、ネガティブなイメージがありますが、安全なマンションライフを送るには防犯カメラは、必須となるでしょう。また防犯カメラの設置する位置についても、居住者間で共有される必要があります。

防犯意識の向上

外的要因については、周知の通りマンションライフの内部を安全に管理するため、様々な外的要因から保護するために設置される目的の類です。違法な侵入や居座りや、不審者の確認について有効です。最近では、防犯カメラの近所で事件が発生した場合、最寄り警察署から防犯カメラの録画データの借用事案も多いです。いたるところに防犯カメラが設置してあるのが、都市生活者として心得ておかなけれなならないでしょう。防犯カメラの録画は、自分も監視されているという自分自身の規律保持の意識を持つことと同時に、防犯カメラによってすべての安全が確保されることは無いということも認識しておく必要があります。防犯カメラの存在に過信することなく、日頃から挨拶をするとか居住者間でのアイコンタクト等も必要不可欠なことです。