犯罪を未然に防ぐ|鍵のトラブルは鍵開け業者にお任せ|自宅の防犯対策

犯罪を未然に防ぐ

防犯カメラ

犯罪の抑止力があります

監視カメラを設置することは、犯罪が発生した場合に犯人を特定するために役立つだけでなく、犯罪を抑制する防犯効果の役割も果たします。そのため、店舗内や商店街に監視カメラを設置するだけでなく、最近では町内会などの住宅地の中にも監視カメラを設置している例があります。監視カメラが設置されていると、泥棒などの犯罪者はあえてその地域を選びません。犯罪を犯すものにとっては、自分の姿を見られることを気にします。カメラが一台でも設置されていると、気づかないところに設置されている可能性もあるため、犯罪者が敬遠します。そのため、犯罪者に選ばれにくいということになります。カメラが犯罪者の姿をとらえなくても、犯罪を未然に防ぐ効果があるのです。

個人情報の保護が重要です

具体的に住宅地に監視カメラを設置する場合には、プライバシー保護の観点から住民の合意が必要になります。カメラで撮影されるということは、個人の行動が他人に見られてしまうかもしれないからです。防犯上のためにカメラを設置した方がいいのか、個人情報を保護するためにカメラを設置しない方がいいのかは、地域住民の判断が必要になるところです。個人宅に監視カメラを設置する場合でも、個人の敷地内を対象として撮影している分には問題ありませんが、道路を撮影している場合や隣接地を撮影している場合には、プライバシー保護の観点から問題になりかねません。自分の姿を撮影されることは、犯罪者でなくても気持ちのいいものではありませんので、注意が必要です。